Archive for 1月, 2013

風俗嬢のドライな感情


風俗嬢と知り合って、関係がますます深まっていくに連れて、気になることも膨らんできます。
度々会ってセックスをする関係であったり、どうしえも自分の彼女にしたいと思ったとき、無視できないのが相手の仕事です。

お仕事に行くというのは、自分以外の男性に性的なサービスをしに行く事以外の何物でもありませんから、それを想像すると許せないわけです。

自分が風俗で遊ぶときは全然平気なのに、相手が自分のものになったとたん、それを気にしだす男性も男性ですが、これは本能なのでしょう。

そうなると大抵の男性は同じことを考えます。

そうです、仕事をやめてくれと頼むのです。

ただ本当に相手の彼が好きであれば、女性は自ら風俗の仕事を辞めるでしょう。

また、自分からその話しをして、仕事を辞めてくれるのなら、自分への気持ちが本物だと自身を持ってもよくなります。

しかしこれ以外にも、仕事が辞められないケースというのが考えられます。

例えば、借金などがある場合ですね。お金の問題が解決しない限りは辞めたくても辞められないのが実情でしょう。

このような事情をどこまで受け止められるかが、風俗嬢との交際では大切になるのです。

知り合ったのが出会い系サイトの場合、メール交換のときにそれなりに立ち入った話をすると思います。

しかも会うことが前提であれば、なおさらです。

そのときに、風俗嬢である理由を話してくれたら、その事実と現実をどこまで受け止められるのかが、その後の展開を左右するわけです。

エッチだけの関係だから相手が風俗嬢でも関係ない、というのはドライな感情のように思えますが、むしろ風俗嬢にしてみれば、これぐらい割り切ってもらえるほうが気が楽なこともあるでしょう。

いずれにしても、自分を一人の女として扱ってくれるわけですから、むしろ効果的な態度と言えるでしょう。

 

負けず嫌いの宮崎県の女性


人間は他の動物と違って、感情を持っています。

感情の基本は喜怒哀楽ですが、負けず嫌いも感情のひとつです。

人から、それは無理といわれると、そんなことはないと頑張るのが負けず嫌いなわです。

また、他人の成功に嫉妬して、それぐらい私も、となるのも負けず嫌いなのです。

さてさて、この男性はインターネットの出会い系サイトを閲覧して、ゲットできそうな女性を探していました。

そして見つけたのが宮崎県の女性です。この女性を落としてやろうと、決めたのです。

出会い系サイトにおいては、相手の情報はプロフィールでしかわかりません。ですから、まずは最初のメールで自己紹介、それに返信がもらえればひとまず安心なわけです。

そこから相手のことをより深く知っていくことになるので、お互い探り合いのようなメールが続くわけです。

さらに関係が進展すると、趣味や嗜好について意見交換ができるようになります。

ただセフレ希望者の場合は、もっとシンプルな質問になるのが普通です。

この男性はセフレを希望していませんので、相手の女性とはメール交換で関係を深めていきたいと思っていました。

ある時、男性は宮剤女性へのメールで、テレビでみたフィギュアの女性選手が可愛いくて、しかも演技が上手だったとメールしたのです。

すると返信メールで宮崎女性がこう言ってきたわけです。

「どこが可愛いのがまったくわかりません。スケートがうまいのは、スポンサーが大金くれて、そのお金でいいコーチを雇えるわけですから、誰だってその程度滑れるようになるでしょう。

私も彼女の立場なら、あのレベルには行くでしょうね。ていうか、彼女を褒めるようなことを続けると、関係を終わらせますよ。せっかくお互いに親しくなれてきたところなのに」
男性は、深いため息を付いたあと、つぶやきました。

「負けず嫌いだなあ、付き合いづらい!」

 

ミーハーは女となら簡単にヤレる


見た目で人を判断すると、とんでもないことになることもあります。

自分は堅実で勤勉だという女性がいます。

人は見かけによらない、とはよく言ったもの。

インターネットの出会い系サイトを利用している女性にも、そのようなタイプがいないとは言えません。

ある男性はミーハーは女となら簡単にヤレるだろうと相手を探した結果、徳島県の女性に行き着きました。

そして早速メールをしたところ、返事がきたのです。

男性は、徳島女性に趣味やファッションについて聞いてみました。

返ってきたメールには、「特にブランド品は持ってないですね。

それなりに流行は意識していますが、それに振り回されるのはイヤなのです。

もしかしたら、私のプロフィール写真を見て、このようなことを聞きたいと思ったのではないですか?私は基本的に、自分が着る服は自分で作っています。

今年の流行のエッセンスを取り入れてみましたけど」と書かれていたのです。
男性は感心して唸っていまいました。

そしてメール交換をしているうちに、相手の徳島女性が非常に働き者だと判明したのです。

というのも、自分の服を作るだけでなく、友人にも服を作ってあげて安く提供しているのだそうです。

「人は体が動くうちは働いて、人に喜ばれることを自分の喜びにできる生き方をすべきだと思っています」と言われた男性は、深い感慨に浸ってしまいました。

これ以降、男性は徳島女性を遊び相手としてみることをやめ、真剣に交際したいと思うようになったのです。

出会い系サイトにはセフレのジャンルもありますが、このような変則的な例もまたあるようです。

 

誰でもいいからメールして


「会えれば誰でもいい」と思われてしまう禁句、つまりNGワードとして、前のページでは、「年齢・容姿は問いません」という言葉を引き合いに出しました。

これは本当によく目にする書き込みですから、ときどきありなのかと思ってしまうほどです。

しかし、実際には逆効果でマイナスな要素しかないと判明しましたので、使用したことはないですね。

これ以外にも、実は至る箇所に地雷が埋め込まれているわけです。

実際によく見かけるものを例に挙げてみましょう。

理想のタイプを記入する欄、そこで頻繁に目にするのが「好きになった人がタイプです」というアイドルが答えそうな言葉。

これは実際そうだという人もいますから、一概に嘘にはなりません。

ただ、言葉の裏には「誰でもいいからメールして。好きになるかどうかは、会ってから決めるから」という意味が見え隠れしています。

さらに言えば、セックスしてから判断すると捉えられないこともありません。

俗に言う「ヤリモク」つまりセックス目的と間違われてしまいますから、この表現もNGワードにあたるでしょう。

次に、「人恋しい人からのメールお待ちしています」というのはどうでしょうか。

「人恋しい」が「寂しい」となるパターンもありますが、要は女性の寂しさに訴えるわけですね。

失恋した女性も出会い系サイトを利用しますから、なくはない訴求ではありますが・・・。
各自の解釈によるのでしょうか。

例えば失恋で弱っている女性は、その隙をついてくる男性には警戒心を持つのが普通です。

ですから、何か目的があって?と勘ぐるのが自然ですよね。

人によってはありですから全否定するつもりはありませんが、弱っている女性ばかりをターゲットにしてもあまりいい結果にならない気がします・・・。

 

島根県石見の男性のアクティブ


島根県石見の男性は、よく言われるように出雲の男性とは性格が真逆であるのが特徴です。

同じ島根県でありながら、こうも違うかというほど、石見と出雲の男性は気質に違いがありますので、プロトタイプとして「島根の男性というものは・・・」と語ってはいけません。

それでは、石見男性の特徴を見ていきたいと思いますので、アプローチの参考にしてください。

■受身でもいい?
石見の男性は、非常に積極的でアクティブな人が多いです。

それは恋愛においても言えることで、タイプの女性には積極的にモーションをかけてきます。

そういった意味では、女性は受身でも問題ないでしょう。案外軽い人もいるので、セフレもありですね。

ただし、結構浮気性な側面があるので、真剣に恋愛をしたいのであれば、ただただ相手に任せきりでもダメなようです。少なくとも相手の気持ちを自分に引き止めておくぐらいの行動は必要でしょう。

■告白はストレート
婉曲な表現は、石見の男性に通じません。サバサバしていることもあるので、気持ちを伝えるなら直球勝負がいいでしょう。

はっきりと気持ちを伝えなければ、友だちで終わってしまいますので、気をつけてくださいね。好きな相手に好きという、だだそれだけで十分なのです。

■浮気されそうになったら・・・
石見の男性は浮気性です。もし浮気されたら、激昂して怒鳴るのではなく、冷静に自分にも「あんた以外の男がいんのよ」と言わんばかりに、男の陰をちらつかせて揺さぶりをかけるのがいいでしょう。

そうすると、相手は血の気が引いて、元の鞘に戻ってきます。ただ、女性とお食事に出かけるぐらいは許してあげましょう。それぐらいの寛容さは持つのが大切、あまりにも口出しすると、相手も愛想を尽かして逃げていくでしょう。

石見の男性は、総じて社交的ですから、誰とでもすぐに仲良しになれます。

ということは、メールのやり取りも長引かせる必要もなく、気が会えばすぐに電話交換ということになると思います。

人付き合いがよく、またウダウダ言ってこないので、恋人にはもちろん、友だちとしても最適の相手になれるでしょう。

 

飾らないストレートな表現


士業の女性というのは、飾らないストレートな表現に打たれ弱いのです。

仕事中は明確な言葉で表現して業務をこなしていかなければいけないのですが、一方私生活になるとめっきり態度が変ります。

こと恋愛に関しては消極的で、自分から気持ちを伝えるような勇気すらないのです。

ですから、士業女性に対しては、こちらからど真ん中めがけて直球勝負をしかけていけばいいのです。

会いたいときには「会いたい」と、セックスしたいときは「セックスしたい」と、率直に伝えましょう。

恋に臆病な女性は、真正面からの押しにめっぽう弱いので、士業の女性のみならず、似たタイプの女性には有効なアプローチとなります。

優柔不断な男性は女性から嫌われますので、したいことは素直に伝えるほうがいいのです。

ただ、このタイプの女性に、唐突にセックスしたいというのはダメだというのは、もうお分かりだと思います。

恋に臆病だからこそ、段階を踏まないと怖くて先に進めないのです。

ど真ん中の直球勝負は、あくまでもここぞというときにするのです。

これは実際に会ってからの話しではなく、会うまえのメール交換の段階からの話です。メールのやり取りのときから、率直な表現を心がけましょう。

というのも、奥手な女性には婉曲表現は通じないことが多いので、明確に気持ちを伝えるために飾りを取り払う必要があるということです。

あれとかこれとか、抽象的な指示代名詞では、意味を捉え切れないわけですね。

ですから、言わなくても察してくれるだろうとは決して思わないほうがいいのです。

ですから、例えば単純に会いたい気持ちを伝えるときも、「会いたいという気持ちはあるんだ」

と言わないで、「会いたい」といえばいいのです。このほうが、ずっと心に届くこのですから。

 

本当の無職の人への対応


無職の人の中で、専業主婦については前述したとおりです。

理解していただけたと思いますが、専業主婦の仕事量は、間違っても無職と呼べるものではありません。

24時間365日、休みがないわけですし。

英語では専業主婦のことを「ハウスキーパー」と呼びますが、うなずける呼称だと思います。

さて、今回はそのような専業主婦ではなく、本当に無職である人について考察していきたいと思います。

まず、女性が無職である理由は多種多様です。

仕事を辞めたあとの期間であるとか、充電期間中という人もいるでしょう。

他には、事情があって仕事をしたくてもできないというケースもあります。

出会い系サイトでポピュラーなのが、精神疾患で職場に通えないというケースです。

さらに、専業主婦でありながら、育児放棄し、家事もろくにせず遊んでいる女性も無職と呼んでもいいでしょう。

私自身10年以上出会い系サイトを利用している立場から、この無職の人に発言させてもらいたいことがあります。

人は基本的に働くのが当たり前です。無職であるのはよっぽどの事情がない限り社会的には許されません。つまり、無職の人は甘えていると思います。

対人恐怖症の精神疾患があるために仕事ができないと主張しますが、そんな彼女たちが出会い系サイトで赤の他人と出会おうとしているわけです。この矛盾はなんなのでしょうか?

また、働いていないので、収入がありません。

お金がないのに男性とのデートをしたがっているということは、経済的に男性に頼ることになります。

出会い系サイトでは女性が優位な立場に立てる世界ですから、男性からもてはやされるわけです。

このような状況で、自分がモテていると勘違いすると、もはや救いようがない悪循環の中でループするだけになります。

私自身、このタイプの女性にいいように振り回された経験がありますので、出会い系サイトで無職だと胸を張っているような女性は、セックスだけにしておくか、相当の覚悟をもって相手にするようにしたほうが賢明です。

 

島根県石見の女性の特色


島根県石見の女性の特徴は、一般的によく出雲の女性とは正反対だと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

島根県石見の女性の特徴を見ていきたいと思います。ご参考までに。

【愛想がよく行動的】
まじめでおしとやかな出雲の女性と比べて、石見の女性は愛想が絶えず、活発に行動している人が多いのが特徴。方言も関西弁に近いため、関西的なノリもあります。ですから、石見の女性とは付き合うまでに、それほど時間が必要ないと思います。セフレだってありです。恋愛に積極的ですから、好きになったらすぐに告白するのも特徴ですね。明確な告白でなくとも、気がついたらアプローチされていたなんてこともありますから、弱い男性はイチコロかもしれません。

【オシャレ】
オシャレに敏感とは言いませんが、かなりファッションに対する意識が高いです。ただ、いつだって流行りモノを着たいというようなわけではなくて、それなりに流行についていくといった感じ。ただし、島根県民の特性として、見栄っ張りというのがありますので、人によっては、流行を追い掛け回したり、高級ブランドを身につけている人もいます。その辺は、人それぞれですね・

【場当たり的・・・】
愛想が良くてフレンドリーなために、どうしても計画性に欠けるところがあります。後先考えて行動したいようですが、どうやら簡単ではないようです。男性は、そんな石見の女性をさり気なくサポートするぐらいの余裕があればいいですね。神経質な人や、怒りっぽい人は石見の女性とは咬み合わないと思います。

島根県石見の女性は、快活でフレンドリーですから、付き合いやすいのは間違いありません。ですから、変な小細工は不要、真正面からアタックしましょう。相手に真剣な想いを見せないと、いいお友だちで完結していまいます。

 

伯耆の女性のタフさ


島根県伯耆の女性の特徴は、因幡の女性よりもアグレッシブであり、何に対しても基本的にはポジティブで楽観主義者的な要素があります。

そのために、恋愛においても気楽に付き合いができる相手であります。今回はそんな伯耆の女性を見ていきたいと思いますので、参考にしてください。

【度量がある】
伯耆の女性といえば、まず度量があってタフなのが特徴です。ですから、悩んでいるよりもどんどん先に進んでいく強さを持っています。このタイプの女性は、結婚向きで良妻の資質を十分に兼ね備えているために、温かい家庭を持ちたい男性や、家事全般を妻に任せてしまいたい男性にとっては、最適の相手ということができます。前向きな性格が辛いときに救いになることもあるでしょう。

【愛想が良い】
とにかく笑顔が絶えず、つねに愛想よくしているので、男性から見れば可愛らしいと思えるはずです。気さくな性格で、話も好きですから、恋愛もトントン拍子に関係が深まっていくでしょう。すんなりいけば結婚という流れも珍しくありませんので、伯耆の女性はイチオシですね。
しかし、持ち前の愛想が災いして、人に流されてしまうことも・・・。基本的に良い人が多いですが、上辺だの人も中にはいますので、注意してください。

【本気が大事】
フレンドリーなために恋愛経験が豊かな伯耆の女性。付き合うまでに時間はかかりません。口説き方も難しく考えず、ストレートにいけば問題なしです。突然電話してみたり、またサプライズのプレゼントを用意しておけば、かなり効果的です。関係がある程度進展してきたら、サプライズで相手の気持ちを確かなものにするといいでしょう。

これが伯耆の女性です。因幡の女性とはかなり違いますよね。

ですから、鳥取県の女性と付き合うときは、まず出身地を聞くことから始めてもよさそうですね。ちなみに、伯耆の女性はセフレはNG、スケベ心はすぐに見破られてしまいますよ。

 

中予の女性との関わり


のんびりしていて、小さなことにはこだわらないのが、中予の女性です。

なんとなく、つかみ所がない気がしますが、気難しいタイプではありませんから、安心してください。

それでは、中予の女性をゲットするためのアプローチ方法を見ていきます。今後の付き合いに参考にしてくださいね。

1.気軽にアタック
愛媛県人の特徴である明るい気質は継承しています。それに加えて、のんびりしていて、大雑把な要素があるだけなので、率直にアプローチしていけば案外すんなりといい返事がもらえると思います。

セフレも場合によっては、可能でしょう。しかし、雑な面がありますので、計画性には乏しく、男性がリードしてあげるのがいいかもしれません。

2.関係を進展させるために
気軽に誘えますが、そこから一歩先に進むには、それなりの時間が必要でしょう。

警戒心が強いわけではないのですが、恋愛に対して、奥手になってしまうようです。

したがって、中予の女性と関係を深めたい場合、急がないのがポイントです。出会ってすぐにモーションをかけてしまうと、思いっきりドン引きされる可能性もありますので、慎重な行動を心がけましょう。

しかし、一旦親密になってしまえば、その後はスムーズに関係が築けるのでご安心を。

3.手紙が有効
ネット社会の現代で、手紙で想いを伝える古風な人はそういないでしょうが、中予の女性にはかえってアナログな手段のほうが効果があるのです。

もちろん出会ってすぐに住所交換はありえないので、それこそある程度仲良くなってからですが、電話やメールより手紙を書いてみましょう。

電話とメールを基本として、サプライズ的に手紙を書くと、相当喜んでくれるはずです。

人の気持ちを大切にするのが中予の女性です。関係構築には少し時間がかかるかもしれませんが、急がば回れ、ゆっきり時間をかけて、仲を深めていきましょう。