Archive for 12月, 2012

宮崎県の女性の性欲の強さ


私の友人で大学に通っている人がいるのですが、彼は性欲が他の男性と比べてもかなり強いという印象を受けますね。

また他の人と比べてかなり食べるという印象もあります。

彼は現在宮崎県のある大学に通っているのですが、長期休暇などで帰郷をしてきたらいつも会います。

彼に宮崎県の話をよくするのですが、彼から聞いた内容は衝撃的でしたね。

宮崎県の女性の特徴について教えてくれたのですが、こちらの女性と比べるとエッチのテクニックがかなりあるのだそうです。

こちらでもエッチのテクニックを持っている女性は探せばいるのですが、他の県と比べてテクニックがある女性がかなり多いのだそうです。

またテクニックがあるだけではなく、性欲もかなり強いという話も聞きました。

彼は宮崎県で何人かのセフレがいるのだそうです。

初めてセフレを作ったときにそのテクニックにビックリしたのだそうですが、その女性がたまたま熟練者なのだと思っていたのだそうです。

ですが他にもセフレを作ってみると皆エッチのテクニックが半端じゃないのだそうです。

九州の女性は強いという話しはよく聞きますが、まさかエッチに対しても強いのだとは思いませんでしたね。

中には男性以上に性欲が強く、一夜に何度もエッチをするという女性までいるというのですから驚きです。

一度私も宮崎県に行ってみたいという気持ちが強くなりましたね。

彼は宮崎県でアパートを借りているので、ゴールデンウィークなどを使って宮崎県に行って、宮崎県の女性とセフレになろうかとひそかに計画をしてみます。

彼いわく、宮崎県の女性とエッチをしたら他の都道府県の女性とはエッチが出来ないと断言していたほどですので、一度だけでも体験をしてみたいんですよね。

今のうちに出会い系サイトを使って宮崎県の女性と親しくなるべきだと思って、さっき登録をしたところです。

どうにかゴールデンウィークまでに親しくなれるようにしたいと思います。

 

百貨店での女性の権力


百貨店というのは女性の法が圧倒的に多い職場となっています。

百貨店の中でも一番権力を持っているのはデパートガールといわれる女性たちですね。

男性と比べて圧倒的に権力を握っています。

仮に男性のほうが役職が上だとしても実験は女性社員が握っているわけですので、男性も彼女達の機嫌を損なうわけにはいかないのです。

なので百貨店では育児休暇をしてもいつでも職場に帰ってこれるように力を入れているケースがほとんどなのです。

このように女性社員に対しての待遇に力を入れているわけですので、勤続年数がとても長い人もかなりいます。

ですので女性社員を見てみると若い世代の女性だけがいるというわけではないんです。

色々な世代の女性が会社にいるわけですので、派閥があったり陰湿ないじめが会ったりするということも結構あるので、勤続年数が長いという人もいればすぐに退職をしてしまうという人もいるのです。

基本的に女性のほうが非常に多いのですから社内恋愛もなかなかないようですね。

仮に社内恋愛をしたとしても、すぐに他の社員達の知るところになってしまいますので、迂闊に社内恋愛をすることが出来ない状態となっているのです。

ですが百貨店に勤めている女性も女性であることには変わりがないわけですので彼氏を作りたいと言う願望はもちろん持っています。

ですので紹介をしてもらったり合コンに参加をするようにして彼氏作りに必死なのです。

彼女たちは職場でストレスをかなり蓄積しているのか分かりませんが、かなり積極的に行動に移すという人が多いですね。

私もデパートガールと合コンをしたことがあるのですが、知り合ったその日にラブホに行ったこともあります。

ちなみに彼女達は合コンだけではなく、出会い系サイトにも登録をしているという人が多いですね。

出会い系サイトであれば職場の人に知られることなく彼氏つくりをすることが出来るので最適なのです。

 

掲示板で攻める方法


掲示板の書き込みを見て、それにメールを出す時に、何も考えずにやっても結果は得られません。

これが何を意味するのかというと、単に「掲示板見ました。どうぞよろしく」といったメールを送信しただけでは、相手に対して何もアピールしていないということなのです。

メールを送られた側にしてみれば、この人は一体何がしたいのだろうと首をかしげてしまいます。

もちろんこれから交流を重ねて、その内にセックスまで行きたいということを意味しているのは分かります。

しかし、そうではあったとしても、やはり適切な手順やセオリーというものが必要であるということなのです。

掲示板で攻める方法、つまりメールを送る時に考えられる武器にはどいいったものがあるのでしょうか?

とりあえず考えられるのは掲示板への投稿主との共通項ということになります。

共通の趣味というのが一番有力なものとなりますが、その他にも、仕事に共通点があることや、出身校が一緒ということもあるでしょう。

どんな些細なことでもいいわけですから、掲示板に投稿している人と何らかの共通項がありさえすれば、それを武器として利用することは非常に効果を発揮することになるのです。

これによって、相手はメールを受け入れやすくなり、このメールを送ってきた人は他でもない自分自身に送ってきたのだという認識が強まるわけなのです。

この他にも武器となるものは色々とあります。

自分が他人に自慢できるようなことであれば、それがそのまま武器として使用できるのです。

例えば、いい大学を卒業していることや、身長が高いこと、料理が得意なことなど、何でもいいので武器として利用しましょう。

出来れば他の人とあまり被らないような趣味や特技などがあるとさらに効果的な武器となります。

テニスのインストラクターですとか、ジャグリングが出来ますなんていうのもいいかも知れません。

 

長崎県人の濃厚な交際


長崎県人となると、意外と濃厚な交際を望んでいるみたいです。

かなり年を取ってきても、夫婦のセックスはよく行なわれているみたいですし、とにかくセックスが大好きな人たちです。

セックスする相手がいなければ、何の躊躇も無く風俗に行きますし、頭の中には、色々とアダルトビデオで仕入れてきたシチュエーションがあり、女優の裸を思い描きながらオナニーをするのが大好きなのです。

オナニーが日課であり、オナニーして出勤するという長崎県人の男性に会ったこともあるのです。

彼女がいるのであれば、一日中セックスしていたいと思い、休日ともなれば、ベッドの中で連続的に発射といった感じです。

しかし、彼女と会えない場合は、やっぱりオナニーということになります。

ただ、ピュアな一面も持ち合わせていて、好きな人でイキたいという妙なこだわりもあるみたいです。

一方、長崎女子は一見おしとやかですが、やはり九州という土地柄もあってかセックスが嫌いなわけではないのです。

そうはいっても、自分から男性にまたがってガツガツとセックスを貪るといったタイプではありません。

しかし、じらしながら上手く男をリードすることには非常に長けているみたいです。

ただ、長崎の女性からすると、他の土地の男性というのは今ひとつ、野性味に欠けているように感じられるみたいです。

大阪の男は喋りすぎだし、東京の男は情けないし、東北人は暗すぎるなんてことを考えているかも知れません。

したがって、長崎の人は男性にしろ女性にしろ、長崎の人がやっぱり一番いいと思っている可能性が高いのです。

クールだったり、可愛い子ぶったりしながら、腹の中ではそういうことを考えており、さらにそれを明るい口調で言い放つのが、長崎の人たちなのです。

それほど積極的でもなく親切な一面もあるので、つい油断をしてしまいます。

虎視眈々と周りのようすを窺いながら、同時に可愛い笑顔を浮かべているので、人気も他の九州人よりはあるかも知れません。

しかし、実際には最も九州のいやらしい部分を持っているのが、長崎の人なのかも知れません。

 

長崎人のオープン


さて、さんざんいろんなことを書いてきましたが、手のひらで転がして、こちらがバカを演じてあげれば、こんなにお付き合いしやすい県民は他にいないかもしれません。

女性はしたたかな側面がありますが、性的にはかなりオープン。

積極的にセックスを求めますね。

エッチの相性が悪ければ、方面的には「またね」と取り繕うものの、さらっと自然に姿を消すタイプです。

一方男性のほうが、とにかく褒めて持ち上げ、こちらがお馬鹿さんになってあげれば、長崎の男性は気分をよくして、女性を盛り上げてくれるでしょう。

間違っても「バカ」だとか「頼りない」なんてことは言ってはいけません、それは禁句です。
もし、彼が何かでへまをしても、ツッコミを入れてはいけません。

もし交際の末に結婚ということになれば、財布のヒモは女性が死守する必要があります。

気づいたときには財布が空っぽになっていたなんてことは、いい加減な南国人には珍しいことではありません。

借金まみれなのにレクサスを購入するのが、長崎県人だと言えます。

しかもそんな男性陣を女性は特にとがめたりしないようですね。

お金がなくなれば親戚を頼れるという南国特有の習慣があり、お金にはとことん無頓着です。

お金だけでなく、時間にもルーズなのが長崎県人の特徴ですが、他にも叩けばいくらでもいい加減な側面は出てくるでしょう。

その点は、注意しながらコントロールする必要があると思います。

ただし、出会い系サイトで知り合ってセックスするだけの関係なら、男女ともにこのうえなくセクシーで気品ある県民はいないでしょう。

特に女性は性的におおらかで開放的、お股のもほうも随分と開放的なようです。

万年発情期とでも言いましょうか、いつでもエッチいたいというのが本音のようです。

基本的は優しく扱ってあげて、ときどきソフトSM的なプレイをすると、長崎女性の体を弄びつつ堪能でるでしょう。

逆に相手が長崎の男性なら、「いや~ん!こんなの初めて~っ!」「ああ、もう最高!」と恥じらいながら絶叫してあげましょう。そうすると彼の一物がスゴイことになって楽しませてくれると思いますよ。

結婚相手にはいささか難しい感が長崎県人にはありますが、エッチだけなら日本一のお相手でしょう!

 

県別出会い系サイトの楽しみ方


インターネット上には膨大な数のサイトがあるのですが、その中のひとつが出会い系サイトです。

そして、出会い系サイトにも多くの種類があるのですが、その中の県別出会い系サイトを見るのを楽しみにしている男性がいるのです。

この男性は、彼が勤める会社の仕事のため、受注物件がある県から県へと移動しているのですが、一旦移動すると1年以上はその県に滞在することになるので、そこでその土地の女漁りをするわけです。

そして、常に何人かの女性とセックスをしているのです。

現在、この男性は宮崎県に滞在中です。部屋は会社が用意してくれるマンションであるため、非常に気楽です。

そして、夜になれば県別サイトの宮崎県で女性を探すのが日課となっているのです。

前の県では若い女性をゲットできたので、今回はちょっと年増にするつもりでいたのです。年増といっても40歳ぐらいまでの女性です。

そこで見つけた女性は、プロフィールに付いていた写真で決めました。

とにかく、その唇がいかにもオトコを欲しがっているようなものだったため、この宮崎女にしようと決め、メールを送ったのです。

返信メールが届くと「あなたは体力がありますか?」と書いてあるのです。

何?体力?体はいたって健康だったので、返信メールに「体力は十分あります」と書いて送りました。

すると次のメールには「体力は分かりました。ところで息子さんの方はお元気ですか?」とあります。

息子さんとはどういうことだろうと一瞬考えましたが、息子の意味が分かったので、「はい、息子の方は丸々と太っていて、身長も高い方です。何よりも朝から夜まで元気いっぱいで遊びたがっています」と送ったのです。

このメールは、その宮崎年増をすっかりその気にさせたようであり、その後のメール交換は次第に白熱して来ることになったのです。

そして、遂にその女性と会うこととなったわけですが、その宮崎年増のあまりに強さに参ってしまったのです。

その男性の息子が疲れ果ててもう言うことを聞かないのに、無理やりに起こそうとするのです。
もうダウン寸前の息子に「起て!起つんだ!」と攻め立てるのです。

こういった宮崎年増には注意して下さい。すべてを吸い取られてしまうかも知れません。

 

徳島県の女性と親しくなる


少し前まで、非常に胡散臭い謳い文句で宣伝をしているという出会い系サイトがかなりあったのですが、ここのところ過剰な宣伝文句で宣伝をしている出会い系サイトが減ってきたように思えます。

出会い系サイトの規制が厳しくなっていることも要因のひとつになっているのかもしれませんね。

ですので以前と比べると出会い系サイトの質も向上しているのではないでしょうか?

さてここでは徳島県の女性と親しくなるためのポイントについて紹介をしたいと思います。

徳島県の女性と親しくなりたいのであれば、絶対に嘘をつかないようにしてください。

ですので例えば言いたくないことがあるのであれば、嘘をつくのではなく、曖昧な言い方をするようにしたほうがまだ良いです。

セフレにしても、セフレだとも恋人だともはっきりというのではなく、曖昧な表現をするようにしたほうが良いのです。

反対にウソでも愛しているといったほうが徳島県の女性には逆効果になってしまいますし、そのまま関係が終わってしまう可能性もありますので気をつけるようにしてください。

わたしの知人で徳島県の女性とセフレになった人がいるのですが、彼は最初のコンタクトではニックネームで名乗っていましたが、相手から返事が送られて着たら自分の本名で挨拶をしていました。

このようにして嘘をつかないということを相手にPRをしているわけです。

これで徳島県の女性に信用をしてもらうようにしていましたね。

これだけでも相手は自分を信用してくれるようになるのです。

後はメールで親密になって、最終的に会うようにするのです。

彼は現在徳島県の女性で4人のセフレを作っているのですが、なんとも羨ましい話です。

相手はこちらを信用しているわけですので相手のほうから会ってみませんかというメールを送られてくることもあります。

私も徳島県の女性からお誘いのメールが送られてきました。

徳島県の女性はこちらを信用したら結構積極的に行動をするようになるのかもしれません。

 

男と女の価値観の相違


出会い系サイトでは、男性と女性とでその目的や考え方に多少のズレが生じます。

男性の考えは、出来るだけ早くセックスできる女性と会いたいというものであり、女性の考えは、慎重にメール交換をして、彼氏となる男性とめぐり会いたいというイメージなのです。

この両者の微妙なズレというものは、そもそも性別の違いという根源的な問題でもあるため、おそらく永遠に縮まることはないでしょう。

基本的には両者の間の適当なところに落ち着くというのが、男と女の現実なのです。

この男女による価値観の相違が、実際に出会い系サイトのシステムにも多大な影響を及ぼしているわけなのです。

男性向けの雑誌などに「即アポ即ハメ」「人妻とセックスライフ」といった、過激なキャッチコピーが掲載されているような広告を出している出会い系サイトがあった場合、こういったサイトはいわゆるアダルト的な雰囲気を前面にアピールしているため、男性的な考え方を満足させるものであるといえます。

しかし、ここで浮かび上がる疑問は、果たしてこのような男性的な考え方に満たされた出会い系サイトに、女性が入会して来るだろうか?というものです。常識的に考えれば、まず女性からはそっぽを向かれそうですね。

そこで、出会い系サイトのカラクリが登場してくるわけなのです。

同じ出会い系サイトであっても、女性には女性専用の入口というものを用意しているのです。

女性向けの広告の場合には、この女性専用の入口だけをフューチャーして、そのキャッチコピーも「イケメンをGETしよう!」「セレブ男性と豪華なデート」といった具合にして、男性向けとは全然異なった切り口のものに変更されているのです。

このように同じ出会い系サイトにもかかわらず、男女それぞれの希望を叶えるような広告を出すことで、同じサイトに新規会員を集めるのです。

しかし、男性用と女性用のキャッチコピーにはかなりの差異があるために、それを期待した男女が同じ場所で出会った際に、何だか話が違うぞとなるかならないかは、誰も知る由がありません。

あくまでも、出会い系サイトは出会いの場所を提供するだけなのです。